読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初代Masteries

きっとモヒカンにもなれないお前たちに告げる!!!

Vim勉強会#10

  |l、{   j} /,,ィ//|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ     | あ…ありのまま 今日 起こった事を話すぜ!
  |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |     < 『おれはVimの勉強会に行ったと
  fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人.    |  思ったら半分くらいEmacsネタだった』
 ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ   | 催眠術だとか超スピードだとか
  ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉.   | そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
   ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ. │ もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
  /:::丶'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ \____________________

 というわけで, Vim勉強会#10に行ってきました. 結論から言えば, カオス.
なぜかVimの勉強会なのに半分のトークはEmacsだったという辺りで察してください, というか何と言うか...

前半はNeobundleやVimshellの紹介でした.
Neobundleはかなり便利そうでしたね! 従来はpathogenを使って管理していたのですが, かなり便利そうだったので会場でNeobundle導入したりしてました.
Vimshellは導入したものの, あまり使いこなせていなかったので, 発表を参考にしてもっと使いこなしたいなーと思いました.

後半はなぜかEmacsネタ. EmacsVimキーバインドで動かすEvilなるものがあるそうで... 発表者の方も仰っていましたが, なんというか, ネーミングがすごいイカす.
後は大阪Gentoo大学の方による, Twinstall.elの紹介とか. こういう仕組み, Vimでもあったら面白そうだなーと思いました.

2時間半くらいでしたが, Emacsの話も聞くことができましたし, 結構楽しかったです.

あと勉強会の終了後に主催者のさんからメールが届いていたのですが, その最後に書かれていた「次の主催者はあなたです.」という文面に思わず濡れた(何が...!?)ということだけ言って, 簡単ではありますがVim勉強会#10の感想とさせて頂きます. ありがとうございました!