読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初代Masteries

きっとモヒカンにもなれないお前たちに告げる!!!

"Developer's Test勉強会 特別編 - 学べ、Git! - SCMBootCampコラボ企画"に行ってきた!

Developer's Test勉強会はXPJUG関西の分科会で, "テスト駆動開発"だとか"継続的インテグレーション"だとかの勉強会を開催しているそうです.
第3回目の今回はSCMBootCampとコラボしてGitについての勉強会を開催する, ということだったので, 大絶賛卒論執筆中ですが参加してきました.

...終わった今だからぶっちゃけるのですが, 万が一内容が全然面白くなかったら(新しい知識が得られそうになかったら), 話を無視して卒論書いていよう... と失礼なことを参加する前に考えていました. 終わってみれば, その心配は杞憂でしたね.

今までは, 実際にGitを使ったり, 本やネット上の記事を読んだりして"Gitの使い方"ばかりを学んでいました.
それでもそれなりにGitを使うことはできていたのですが, やはり「...これって, どういうことなんだろ?」だとか, 「これ意味わからんなぁ...」だとか, ちょっと疑問に思うというか, 胸の中でもやもやする部分があったりした訳です.

そんな中, 今回の勉強会で@bleisさんがトークしてくださった"Gitの考え方"... と言えばいいのかわかりませんが, 「Gitはこういう考えの下で動いているんだ!」という知識を得ることで, Gitに対して抱いていた疑問点を一気に解消させることができました. もうこの@bleisさんのトークだけでこの勉強会に参加した価値があると思いましたね. @bleisさん++です.

後半はチームを作って, 実際に手を動かしながらGitを使ってみたのですが, これも面白かったですね.
一応Gitはそこそこ使い慣れているので, どちらかと言えば教える側だったのですが(教え方ヘタですいませんでした!), 教えるとなると理解が微妙なところがあったので, そういうところを詳しい人に教えてもらったり, 説明する中で「こういうことだったのか!」と新たに気づくこともありました.
何より, 1人でやるよりも複数人でやる方が楽しいですしね. 勉強会に参加する人なんて技術者ばかりなので, リア充的な人にするような遠慮も全然いりませんし.

というわけで短いですがまとめに入ります. ...今回の勉強会はかなり良い勉強会でした. 何より楽しかったです. やっぱり実際に手を動かしながら学ぶのは楽しいですね! こういう経験を, Perl入学式でも活かすことができればなー, と思います.
...将来的にはPerl入学式でも, Gitを使う練習だとか, Jenkinsを使ったテストだとか(やろうと思えば, Perlでもできるらしいですし)をやってみたいですね. コラボ的な感じで.

あとあれですね, 最近は結構テストにも興味があるので, Developer's Test勉強会にもちょこっと参加できればいいな, と思います.
とりあえず第4回はPerl入学式 #4とカブってるらしいんですけど!