読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初代Masteries

きっとモヒカンにもなれないお前たちに告げる!!!

Perl入学式in福岡に遊びにいってきた!

12月9日, 福岡でPerl入学式in福岡が開催されました.
これまでは大阪でしか開催されなかったPerl入学式が, 遂に大阪以外の都市で開催...! ということで, 居ても立っても居られなくなったので, 遊びに行ってきました. 以下レポートです.

f:id:papix:20121208140411j:plain

会場はnulabさん. 眺めがいいですね!

f:id:papix:20121208142540j:plain

今回の参加者は10人.

f:id:papix:20121208162124j:plain

in大阪と同じく, 環境構築から丁寧に進めていきます...



いやー, しかしPerl入学式in福岡, 良かったですね. しっかり練られた資料, 丁寧な説明, 手厚いサポート, これぞ「Perl入学式のお手本」と言うにふさわしい勉強会でした.

一応自分は, 「Perl入学式in福岡 不名誉顧問」を自称してPerl入学式in福岡の企画運営に携わっていたのですが, (特に中盤以降は)ほとんど口出しというか, アドバイスはしないようにしていました. それは, 自分が口を出すことによって, 「in福岡らしさ」が薄れてしまうのでは...? とか思っていたからです.
結果として, 今まで私達が大阪で繰り広げてきた「Perl入学式」という勉強会に, 福岡らしい(Fukuoka.pmらしい)色を混ぜあわせて, いい感じに進化したなあ, とか思っています.

...これから更なる進歩を目指すPerl入学式にとって, 個人的には「多様性」という要素が非常に大事になってくると思っています. Perlの理念として「TMTOWTDI」, 日本語で言えば「やり方はひとつ! じゃない!!」というものがありますが, それと同じようなモノ... なのかなあ.

in福岡にせよ, 近々動き出すin東京にせよ, 一番楽なのはスケジュールも, 方式も, 資料も, 全部in大阪のものを流用する事だと思います. しかしながら, それぞれの勉強会は講師も, サポーターも, そして参加者も全く違います. なので, それぞれの勉強会でベストな状況にする為の調整は必須だと思っています(特にPerl入学式のような, 長丁場の勉強会では).
結果としてそれが, それぞれの勉強会の間で「違い」というか「特徴」を生んできて, それが「多様性」に繋がるのではないかと. そして他の勉強会のいい所(特徴)を源に新しいアイデアを産み, それにチャレンジし続けることで, Perl入学式という勉強会そのものが更に進化していくのではないかと. ...なんか壮大な話ですネ.

個人的にはPerl入学式という勉強会は一過性のもので終わらせたくなくて, できれば2年, 3年と続けていきたいと思っています. 講師やサポーターという運営サイドのモチベーション維持という意味でも, アイデアの源となる「多様性」と, そこから生まれる新しいアイデアへの「チャレンジ」は, 意識していきたいところですね!

...あとあれです, 資料の多様性は「状況によって, 資料を選択することができる」というメリットも生むはずです. in福岡の資料ではin大阪ではサポートしていないPlackの内容を含んでいますし, 逆にin大阪ではin福岡でサポートしていない(現時点では)Mojoliciousの内容を含んでいます.
in福岡とin大阪の資料に違う部分があれば, in福岡の参加者がin大阪の資料を, in大阪の参加者がin福岡の資料を使って予習/復習できるので, Perlへのチャレンジが更に進むのでは? と思います.

Perl入学式in福岡に参加して, 改めていろいろな事に気付くことができました.
主催者の日下部さん以下, Fukuoka.pmの皆様には感謝感謝です. 参加して頂いた皆様もありがとうございました, 是非次回も参加して頂ければ, と思います.

2012年のPerl入学式, 終盤にかけて結構盛り上がって来ています. この流れに乗って, 2013年ももっともっと「みんなでPerlを楽しく」学んで行ければいいな, と思っています.

来年もどうぞPerl入学式を宜しくお願い致します!

おまけ: 懇親会

f:id:papix:20121208232045j:plain

勉強会の後のお酒はどうしてこんなに美味しいのか...!
こちらはラーソーメンという福岡名物だそうです.