読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初代Masteries

きっとモヒカンにもなれないお前たちに告げる!!!

「Perl入学式in東京 #2」を開催しました!

6月29日に, 「Perl入学式in東京 #2」を開催してきました.

会場は株式会社GaiaX, つまり弊社です.
会場の確保や当日の準備にあたっては, 先輩の@さんや@部長にお手伝い頂きました. 本当にありがとうございました!

感想ブログはこんな感じになっております.

参加者

サポーター

ブログを投稿したら, 是非「#Perl入学式」のハッシュタグと一緒につぶやいて下さい. スタッフ一同確認して, ニヤニヤして, 次回への活力にします.


何だかんだで, 大阪, 東京, 福岡, そして短期出張版の宮崎で, 20回くらいPerl入学式を見てきた自分ですが, 今回の「Perl入学式in東京 #2」は, その中でもトップクラスに素晴らしい会になりました.
座席配置, スポンサーセッション, 自己紹介, コードレビュー... 偶然生まれた取り組みが, 相乗効果でとてつもないプラスになった, そんな感じです.

f:id:papix:20130629153756j:plain

▲コードレビューの様子

今回は, 従来の「講義室」スタイルではなく, こんな風に2つ机を向かい合わせに連結した「班」スタイルの島を9つ用意しました.
お互いの顔がよく見える為か, いつも以上に相談というか, アドバイスしあう雰囲気というのが出ていたように思います.

更によかったのが「コードレビュー」で, 問題を解き終わったあとに, 班のメンバーでお互いのコードを見て, レビューしたりアドバイスしたり... というグループが自然発生しました.
そこで(確か@さんが...)「問題解き終わったらコードレビューをやってみましょう!」と他の班に提案すると, 各班大盛り上がり!

これは@が用意して, 自分がちょっと手直しした問題が良かったこともプラスになりました.
程よく複雑な問題が多かったので, 「あっ, なるほど, こういう書き方もあるのか...!」という発見があちこちであったみたいです.

常に進化する勉強会, それがPerl入学式!

割と以前から, 「Perl入学式をもっとよくする為には, どうすればいいんだろう...?」と悩んでいたのですが, 今回の取り組みはその答えの1つだったと思います.
今回のスタイルは, おそらくこれからのPerl入学式の「スタンダード」になるはずです.

...ただ, 言うまでもないですが, これで満足するつもりは全然ありません.
参加者の方に, もっともっとPerlを楽しんで頂けるように, 今までのいい部分は残しつつ, 新しいチャレンジを常に続けていこうと思っています.

@さんも仰っている通り, Perl入学式はin大阪も, in東京も, 確実に進化を続けています.
「多くの方に, Perlの楽しさを, そしてプログラミングの楽しさを味わってもらう」という思いがあり続ける限り, Perl入学式はもっと良くなっていくはずです.

もし, あなたの周りに「プログラミングにチャレンジしてみたいなあ...」という方がいらっしゃるなら, 是非Perl入学式を紹介してあげてください.
私達と一緒に, モダンなPerlを, 楽しく学んで行きましょう!